キッチンの水漏れが起きた時にすべきこととは

このサイトではキッチンの水漏れが起きた際に対処する基本的な方法などを紹介します。
水が漏れていることを発見した場合に最初に行わなければならないことは、止水栓を止めることになります。
止水栓はシンク下にあるので、慌てず位置を確認して対処します。
シンク下にない場合は、家全体の水道の元栓を閉めることで、対処することができます。
蛇口付近ではなく配管で発生している場合もあるので、どこから水が漏れているのかしっかり確認する必要があります。

キッチンの水漏れは冷静に対処!初心者でも行える基本的な取り組みを解説

キッチンの水漏れは冷静に対処!初心者でも行える基本的な取り組みを解説 キッチンの水漏れは、シンク周りで発生している場合とシンク下で発生している場合があります。
蛇口が原因の場合は、吐水口の先からポタポタと水が漏れている状態になり、パッキンの劣化によって引き起こっていることが多いです。
排水管からの水漏れの場合は、給水管や排水管等の結合部分の劣化が原因のパターンが多く、シンク下が水浸しになってしまいます。
キッチンで水漏れが引き起こった場合にまず行わなければならない取り組みは、止水栓を回して締めて、水浸しになっているシンク下や床などを拭き取ることが大切になります。
マンションなどの場合、下の階の方に迷惑をかけてしまう恐れがあるので、慌てずに冷静に対処することが大切になります。

キッチンが水漏れする原因と改善方法を紹介

キッチンが水漏れする原因と改善方法を紹介 キッチンなどの水漏れは突然起こることがあり、特に集合住宅の場合は自分だけではなく周囲の人たちにも多大な迷惑をかけてしまう恐れもあります。
トラブルを引き起こさないためにも前もって原因をよく理解し、もしものときの対策の仕方もしっかりと頭に入れておきたいものです。
キッチンの水漏れの原因としては、排水口や蛇口に異常が見られる場合とシンク自体が破損している場合が考えられます。
ほとんどのシンクはステンレス製のため、強度が強くてサビにくいのが特徴ですが、長期間にわたって油や洗剤がこびりついたままになっていると腐食が進み、シンクに穴が開いてしまうこともあります。
シンクにサビを発生させないように、普段からシンク内に調理器具やサビついたものを置かないなどの注意が必要です。
実際に水漏れが発生した時には、まず止水栓を閉めましょう。
止水栓はシンクの下にありますが、見つからない場合やサビていて回らない場合もあるので、そのときは屋外に設置されている元栓を閉めます。
水が止まったのが確認できたら排水管のナットが緩んでいないかを確認し、ナットに問題が見られない場合は排水管や蛇口のパッキンの交換を行います。
それでも改善が見られない場合は専門の業者に依頼することを検討しましょう。

キッチン水漏れトラブルの業者選びのポイントとは

毎日使用しているキッチンがある日突然、シンクの下から水漏れが発生してしまった、蛇口をしっかりしめてもぽたぽたと水が出てくる、といったトラブルはよくあることです。そんな時に水回りトラブルの修理に関して全くの素人である自分で何とかしようとすると、余計に悪くなってしまう場合がありますので、できるだけ早めにプロの水漏れ業者に依頼するほうが最善といえます。
キッチントラブル業者を選ぶポイントは、良心的に対応してくれるかどうかです。依頼したときに、すぐに対応してくれること、見積もりを確実に出すこと、修理や出張費用がリーズナブルであること、さらには連絡してすぐに修理に応じる、といったことがポイントです。最新の電話帳などで調べることも出来ますが、インターネットなどはより参考になります。インターネットの口コミや評価などをチェックするなら、そこが良心的かどうかを知ることが出来ますのでぜひ参考にするとよいでしょう。

キッチンの水漏れを予防するためには、どうすればよいのか

"キッチンで水漏れが起こることはよくありますが、一番多いといわれている場所はシンクの下部です。その原因は食べ残しや調理時に出た細かいゴミがそのままシンクに流れてしまい、排水溝を詰まらせてしまうからです。さらにゴミや食べ残しが排水溝に溜まることで、排水管の腐食を起こしやすくします。普段から排水溝にはできるだけ食べ残しやゴミなどが流れ込まないように注意をすることが大切です。
また排水トラップにゴミが入らないように防ぐだけではなく、三角コーナーの設置や排水トラップにネットを取り付けて確実にゴミの流入を防ぐことで予防することができます。キッチンの水漏れは蛇口や排水溝などに使われている部品が劣化することで、つなぎ目に緩みができることで起こる場合があります。調理をした後は清潔に保つように掃除をこまめにすることと、定期的に部品の劣化によるゆるみはないかを確認して、発見した場合にはすぐに交換をすることが大事です。

キッチンの蛇口から水漏れが起きている場合に対処する際の注意点

キッチンの蛇口から水漏れが起きていて、自力で直そうとするには注意点があります。古い時代のキッチンの中には蛇口は壁側に取り付けられているタイプがあり、この蛇口であればパッキン交換は工具さえあれば簡単に直せる範囲ですが、台座付きや新しい1ホールタイプの蛇口の中には、見えている部分から分解できるタイプとそうではないタイプに分かれます。
説明書があれば簡単に理解できますが、もしも見えている部分から分解できないという蛇口の場合は、シンク台の下側の奥に給水管と連結している箇所を探せるので、目視点検を行ってみることは推奨できます。キッチンによる違いがあり、連結部分は奥側の高い位置にあることが多く、六角レンチで外せるものですが普通の工具では手が届かない可能性は高いものです。この条件では自力での解決は諦めた方が良く、水のトラブルを専門にする会社に依頼をする他に、お近くにホームセンターがあれば購入と同時に取り付けも依頼することでパッキン交換や蛇口交換は行えます。

キッチンで発生する水漏れトラブルの解決法

水回りトラブルの中でもキッチンの水漏れは、最も多いトラブルです。キッチンの排水口がつまってしまった、シンク回りが水浸しになってしまったなど水漏れによる問題が多く発生しています。もし、蛇口から水が漏れているのであれば、新しい蛇口に変えるだけで対処できる可能性があります。蛇口を使用してから約10年ほどが経過すると水が漏れやすくなるため、蛇口だけでなく内部に取り付けられているパッキンを交換しなければいけません。ホームセンターなどでも蛇口やパッキンを購入し自分で交換することもできるので試してみるといいでしょう。さらに排水管がつまり水が漏れている場合には、異物を取り除くためにラバーカップを使用してみることをおすすめします。
万が一、給水管が原因で水が漏れているのであれば、ナットが緩んでいる可能性があります。このような場合は、ナットを締め直すほかにも潤滑油を塗ると以前よりも快適に水回りを使用できるようになります。

突然発生したキッチン水漏れの修理は放置しないほうがいい

突発的に、水回りの故障が発生するようなこともあります。水回りの中でもキッチンの床になります。特にキッチンの水漏れ等は顕著になることが多いかもしれません。15年ぐらい同じキッチンを使っている場合は、水道管から水漏れが発生し、修理が必要になります。
大抵の場合、この時自分たちでなんとかしたいと考えるかもしれません。確かに業者に依頼するまでもない内容のものもあります。ガムテープでとめれば何とかなるようなものもあるため、そこにお金を使う必要はないといえます。ただ、早急に行わなければいけないものがあるでしょう。例えば、水たまりが発生する位の水が漏れているような場合です。このときには応急処置をすることが大事になりますが、業者に連絡をしないといけません。そのまま放置をしていると、何ヶ月も経過してしまえば床が腐ってしまい大変なことになりかねません。そのような場面においては、直接修理会社に依頼をして早めに修理してもらうべきです。

寒冷地であればキッチンの水漏れは火災保険が適用される可能性はあります

キッチンで起きてしまう水漏れの現象は、その多くが蛇口が原因となっていることが目立ちます。混合栓の場合でもゴムパッキンw使っている部分があることで、年数の経過によってパッキンの劣化によるトラブルが起きることは珍しいことではありません。ところが寒冷地にお住いの方は、意外な場所から水漏れが起きてしまうことがあり、氷点下の真冬日が続いた際には水道管が凍結してしまいます。
この問題は就寝前に水抜きを行う方法で対応はできますが、凍結を起こしてしまいそのまま溶けるまでの時間を多く作ってしまうと、水道管の破裂によってキッチンの給水管から漏れが出てしまう現象は多々あります。この場合は火災保険の適用範囲になることがあり、全てではありませんが一応は雪害に該当する範囲と考えることができるので、加入している保険会社に問い合わせをする方法により、適用範囲かどうかは簡単に分かります。火災保険の適用による修理を行うには、修理会社の方が撮影する証拠写真や修理を終えた際の写真、提出する書類が必要になるので経験豊富な会社に任せることは必要です。

キッチンの水漏れ原因は排水トラップかもしれません

キッチンの水漏れ事故の要因の1つに排水トラップがあります。日々のメンテナンス作業を行っていても、目につきにくい箇所ですから、排水トラップが要因になっていること自体に気づくのが難しいのです。
水回りの1つであるキッチンは破損しやすく、汚れやすいということもあり、メンテナンス作業が疎かになりやすいです。そのため目に見えない所が朽ち果てていくのです。朽ち果てていけば、水漏れになってもおかしくないです。まずは日々のメンテナンス作業ですが、これがまた大変ですから癖を付けることが大事です。つまりモチベーションアップに必要なものは何があるかに掛かってきます。モチベーションアップの要因がわかればやり易くなりますから簡単な事です。どのようにして実行していくかはその人の感じ方と能力になります。どこから攻めていくのか入念に考えることです。そのことで事故にならないでしょう。いつまでも清潔に保つことが大切になります。

キッチントラブルで起きやすい排水ホースからの水漏れの修理方法

キッチンの場合、シンクの下側は収納スペースとなっていることが多いのですが、このスペースには給水管や排水管が設置されていることが多く、目視で確認できる位置にあることが目立ちます。
老朽化によって排水ホースからの水漏れが起きてしまうことがあり、収納スペースを確認して判断できる場合と、床面へと排水が流れていることで確認できることが多い傾向にあります。キッチンの場合はメーカーや機種による違いがあり、排水ホースの場合は蛇腹式があり、このタイプは耐久性に弱い一面があるので自己解決は難しい範囲となります。柔らかい樹脂製のタイプが多く、亀裂が入っている部分にビニールテープを巻いたとしても無駄に終わります。修理をするには専門会社に任せる方法が最も安心でき、事前に状態を伝えることで修理は交換の方法で20分程度で直せる範囲でもあります。尚、ホースタイプを耐久性の高い素材にしたい場合は、樹脂管の排水管があり、サイズが適合する資材があれば修理の際に希望することも今後を考えると安心できるのではないでしょうか。

キッチンの水漏れはゴムパッキンが原因になることが多い

水は人間の生活では欠かすことができないものであり、使えなくなってしまうと生活が困窮してしまうでしょう。日本では多くの場所で蛇口を開ければいつでも水を使うことができますが、水道は配管の内部を液体の水が移動していることから、少しでも隙間があればその部分から漏れてしまいます。そのような事故を防ぐために配管や部材が組み合わさっている部分はゴムパッキンで隙間を無くしていて、この部品があることで水漏れを予防しています。
キッチンは家庭内でも頻繁に水を使っている場所であり、蛇口を開閉する回数がとても多いことから、ゴムパッキンが劣化して水漏れが起きやすい場所です。ゴムというのは弾力性があり、一定の圧力を加えても耐久性があることから水道設備の材料に適していますが、経年劣化は避けることができないので状態が悪くなると破損してしまいます。また、キッチンでは水だけでなくお湯も使っていてその温度差が激しいので、どれだけ耐久性のある物品であっても劣化するスピードが速いという特徴があります。
水道設備は悪くなってしまうと交換や修理をしなければ悪化するだけであり、キッチンのように常に水を流しているところでは、その劣化するスピードは極めて速くなっています。そのため、少しでも異変を感じた場合には、早急に対処するようにしてください。

キッチンの水漏れが近隣に迷惑がかかる場合

キッチンの水漏れは近隣に迷惑がかかる場合があります。特に集合住宅で2階以上の住まいの場合が下の住人に影響を与えてしまうのです。キッチンの水漏れは見えにくい配管から発生するのが一般的です。扉で物置となっている場合がありなかなかチェックする機会がありません。ですから漏れてしまえば水がたまり、だんだん素材に浸水して下の階の住人に悪影響を与えるのです。下の人は、水滴によって気が付きます。たくさん漏れていると気が付きやすいのですが少量であればなかなか気が付きにくいです。
これを防止するためには、定期的に確認することがポイントで扉を開けて水が漏れていないかの点検が重要となります。パッキンなどを交換することで簡単に修理することが出来ます。水が下の階の人に拡大すると、天井へのダメージが大きいことにつながり、内部からのカビなど2次災害に発展することにつながるのです。補修費用が高額になる場合が多いため注意が必要となります。

キッチンの水漏れに備えて個人賠償保険に加盟するのがおすすめ

もしも集合住宅でキッチンの水漏れが発生した場合、階下の部屋にも被害が及んだ場合には個人の過失が問われる可能性があります。自身のミスや正しくない使い方をして排水溝を詰まらせた場合には責任を問われるのはもちろんのこと、本人が気づかないうちに発生した経年劣化が原因であったとしても、何らかのトラブルが発生した場合にはオーナーに連絡したり、迅速に修理を依頼するなどの対応が求められています。そんな時に備えて、事前に個人賠償保険に加盟しておくのがおすすめです。自己都合の事象から自身ではどうにもならない経年劣化まで幅広くカバーしており、自身の部屋のキッチンの水漏れが原因で他の住人に被害が及んだ時に必要な賠償金やお見舞金などについて、規定を満たせば支給してもらうことが可能です。これらのトラブルは滅多にないと軽く考えてしまいがちですが、いざという時に慌てないために冷静になれる平時だからこそしっかりと検討しておきたいところです。

賃貸物件ではキッチンの水漏れは原則として入居者の負担はありません

賃貸アパートなどに住んでいる方は、キッチンで水漏れが起きた際に、自然劣化の場合では入居者側の負担はなく、通常は不動産管理会社に連絡をすることで無償で修理を行うことができます。蛇口の場合は重量物を落として破損させたり、給水管や排水管を破壊するなど入居者側に責任があれば自費修理になりますが、キッチンの場合ではこのような過失が生じることは通常では殆どありません。逆に言えば経年劣化によっていつかは水漏れは起きてしまうものなので、修理費の請求が来るようなことは考えにくいのではないでしょうか。不動産管理会社の中には24時間対応をしている会社はあり、もしも管理会社を調べて該当するのであれば夜間でも電話にて連絡を入れた際には、提携先の修理会社が短時間で修理を行ってもらえる可能性があるので、仕事をしていて忙しい毎日を送っている方は非常に便利です。24時間対応ではない場合でも多少であればお出かけ前には止水栓を閉める方法でその場を凌げます。

キッチンなどの水回りからの水漏れ被害の請求は、減免申請できる場合がある

一般住宅では、キッチンや浴室、洗面所やトイレなどの水回りが存在します。どの設備もほぼ毎日使用するものですので、トラブルも頻繁に起こりやすいと言えます。水回りのトラブルで一番多いのが水漏れです。ひと昔前は鉄のパイプを遣うのが標準的でしたが、皆さんご存じの通り、サビやすく浸食され穴が開いてしまうといった被害が頻繁に起こっていました。現在はサビに強い樹脂を使用したパイプに置き換わってきていますので、水漏れトラブルも以前よりは数が減ってきました。 キッチンや浴室と言った水回りの給水は、道路に埋められた水道本管から各家庭に分岐され、引き込まれている事が多いです。土に埋められたパイプも地震や突起物などに当たり漏水する事があります。水道メーターより本館側であれば、漏れた分の水道料を払う義務がありませんが、自宅側で漏れた場合は、水道メーターが回ってしまう為、使用したものとみなされ請求が発生してしまいます。こういった被害があった場合は、お住いの水道局などに漏水の事実をしっかりと伝え、申請する事によって減免される場合があります。

キッチンの水漏れは経年劣化でも起こってしまう

あなたの自宅のキッチンで水漏れが起こっている場合、それは経年劣化によるものかもしれません。経年劣化により建物の老朽化が進行すれば、どうしても機能性が落ちてしまいます。そうなれば、当然それが起きてしまうのです。キッチンの水漏れが起きているならば、老朽化を疑ってみてはいかがでしょうか。機能性が落ちればねじも緩みますし、いろいろな箇所にガタが来てしまうのです。そのことから、すぐに水道業者の方を呼ぶのが良いです。 もちろんどの業者でも良いというわけではなく、良心的で適切な対応をしてくれるところを選ぶようにしてください。役場に連絡することで、地元の良心的な業者について教えてくれることもあります。そのこともあり、役場で聞いてみるのも方法となります。キッチンは毎日使用する場所ですし、水回りのトラブルはできる限りすぐに直しておきたいはずです。水回りのトラブルが解決できれば、また明日から安心して使用できるはずです。

マンションのキッチンの水漏れは管理組合に連絡しよう

マンションやアパートなどのキッチンで水漏れが発生した場合、上階であれば下の階に影響が及ぶことになります。マンションの区分所有者である場合は、まずキッチンからの水漏れの修理を行い、その後に管理人や管理組合に連絡しましょう。修理自体は自分で依頼をして完了していたとしても連絡は必要です。また、水が漏れた部分が専有部分なのか共有部分なのかによっても扱いは変わります。専有部分であれば自分で修理をする必要があり、損害賠償なども自分で行うことになるでしょう。一方で共有部分から水が漏れた場合には管理組合が責任を持ってくれるはずです。いずれの場合もまずは早急に水を止めた後、組合や管理人などに連絡をして対処を確認することが大切です。部屋の内部の専有部分の修理は自分でするように言われることもありますが、そうであったとしてもあらかじめ管理人に出来事を伝えたかどうかで後々に発生するトラブルを回避できる可能性があります。

キッチンの水漏れ相談はこちら!

キッチン 水漏れ 松江市